2013年10月07日

死霊館◇アトリエ凛(凜)◇

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・
『死霊館』です!

『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督が、71年にアメリカのロードアイランド州で実際に起きた奇怪な事件を基に描くサスペンス・ホラー。人里離れた地に立つ一軒家に引っ越してきた7人家族が、その土地にまつわる恐ろしい事象に巻き込まれていくさまがつづられる。一家の夫婦を演じるのはヴェラ・ファーミガとパトリック・ウィルソン。



監督     ジェームズ・ワン

出演     ヴェラ・ファーミガ
        パトリック・ウィルソン
        ロン・リヴィングストン


『あらすじ』 

数多くの怪奇現象を解決、心霊学者として著名なエド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)とロレーヌ・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)夫妻が、40年もの間、あまりにも邪悪すぎるために極秘にしてきた事件がひとつだけあった……。1971年、アメリカ、ローズアイランド州。父(ロン・リビングストン)と母(リリ・テイラー)、その5人の娘たちが、人里離れた地に引っ越してくる。辺りには何もない古ぼけた一軒家だが、中は館のように広く、家族にとっては夢のマイホームであった。だが間もなく、その家で次々と奇妙な出来事が起こり始める──。決して家の中に入ろうとしなかった愛犬の突然の死。なぜか外より気温が低い部屋に漂う異様な臭い。午前3時7分に止まる家中の時計。毎朝、母親の身体に浮かぶ覚えのないアザ。誰もいない空間に語りかけるまだ幼い末っ子。鬼が目隠しすると、ひとり増えている隠れんぼ。真っ暗の地下室から聞こえる手を叩く音。家に体当たりして、自殺する鳥たち。やがて遂に娘たちに危害が及び始め、一家はウォーレン夫妻に助けを求める。夫妻が周辺の土地を調べると、そこには耳を疑う血と闇の歴史があった。7人の家族を救おうとウォーレン夫妻は立ち上がるが、凄絶な力が彼らを迎えうつのだった……。


(c)株式会社アトリエ凛




ラベル:アトリエ凛
posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 17:51| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

ゾンビデオ◇アトリエ凛(凜)◇

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・


『ゾンビデオ』です!

アイドルグループ「℃-ute」の矢島舞美が主演した事が話題のホラー・コメディ。キュートなヒロインが謎のHOW TO ビデオ「ゾンビ学入門」を観ながらゾンビと戦っていく姿を描いた“体感型”なのが面白い。矢島舞美は本作でスプラッタシーンに初挑戦、血まみれになって華麗なアクションを披露しており、ファンの注目を集める事だろう。監督は、ドキュメンタリーと劇映画を行き来する村上賢司。ゾンビ軍団のリーダー・ヤスデ役に鳥居みゆき、その妹・カナブンを℃-uteの中島早貴が演じるなど、多彩なキャストがそれぞれハマり役とも言える重要なキャラを演じている。さらに、℃-uteが唄う主題歌“世界一HAPPYな女の子”にも注目。




監督    村上賢司

出演    矢島舞美
       宮崎吐夢
       鳥居みゆき






『あらすじ』 

映像制作会社うつせみコーポレーションで働くアイコ(矢島舞美)は、会社の倉庫に眠るビデオの山から謎のビデオを発見する。1960年代に製作されたと思われる『ゾンビ学入門』というタイトルのその作品は、リポーターの真佐クル世(菅野麻由)が、実際にゾンビが現れた時の対処方法を紹介する“ハウ・トゥーもの”だった。同僚のホラーマニア、橋本(宮崎吐夢)はその映像を観て色めき立つが、アイコは眉をひそめる。その頃、突如現れたヤスデ(鳥居みゆき)と妹のカナブン(中島早貴)が率いるゾンビ軍団によって、日本全国に大パニックが起きていた。そんな事態は露ほども知らないアイコたちを、ゾンビ化した取引先の男が襲う。彼女たちは、社長であるおじ(大堀こういち)が経営する別会社へ逃げ込むが、そのビルもやがてヤスデ率いるゾンビ軍団に取り囲まれてしまう。絶体絶命の危機に陥ったアイコたちは、『ゾンビ学入門』の情報を参考に、ゾンビたちと孤独な戦いを開始する……。







監督    村上賢司

出演    矢島舞美
       宮崎吐夢
       鳥居みゆき




(c)株式会社アトリエ凛



ゾンビデオ - goo 映画
ゾンビデオ - goo 映画










posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 14:03| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

Virginia/ヴァージニア◇アトリエ凛(凜)◇

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・


『Virginia/ヴァージニア』です!

この町には盤面が7つあるが、すべての時間が合っていない時計台がある。時間は絶対のように思えるが、人はそれぞれ、まったく違った時間の流れ方を感じている。生者も死者も。フランシス・F・コッポラが監督を務めた本作は、全編“これは夢かうつつか幻か”という、どこまでが本当か夢(作家の小説)かわからないような作品だ。三流作家の主人公は、創作と人生に行き詰まり、未来や過去から目を背け、現実からも逃げる酒浸りの男だ。そんな男がある町で出遭った事件により、創作のインスピレーションを得ていく。彼を夢(想像)の世界へ導くのは、作家のポーと少女V。Vは創造の源となるミューズであり、作家が失くしたものの象徴かもしれない。




監督    フランシス・フォード・コッポラ

出演    ヴァル・キルマー
       ブルース・ダーン
       エル・ファニング






『あらすじ』 

著作のサイン会のためにアメリカ郊外の片田舎に訪れた小説家のホール・ボルティモア(ヴァル・キルマー)。7つも盤面のある呪われた時計台が不気味にそびえたつその街では、折しも数日前に身元不明の少女がまるで吸血鬼が成敗されたかのように胸に杭を打ち込まれた姿で殺されているのが発見された。ミステリー小説好きの保安官ボビー・ラグレインジ(ブルース・ダーン)は死体を見せ、一緒に捜査し小説を書かないかとホールに持ちかける。スランプに陥っている彼は乗り気ではなかったものの、妻(ジョアンヌ・ウォーリー)やエージェントから次回作を促され、仕方なしに題材を求めに街へ出る。歩いているうちに、ホールはかつてエドガー・アラン・ポーが宿泊し今は廃屋となっているチカリング・ホテルに辿り着く。その夜、ホールは不思議な夢を見る。V.と名乗る少女(エル・ファニング)とともに他愛ない話をしながら散策していると、チカリング・ホテルの前に出る。なぜか入ることを拒むV.。一人ホールがホテルの中に入り経営者と話をすると、ホテルの床下には12人の子どもが埋められており、13番目の子は地獄に落ちたと言う。ホールが表に出ると、殺された子どもたちの亡霊と子どもを抱えてその後を追う男の姿を目にする。男を罵るV.。地下室へ戻っていく子どもたちと男の様子を見ていたホールは、何を書くべきか手がかりを掴んだ気になる。帰り道、吊り橋が崩れ落ちそうになっているところをエドガー・アラン・ポー(ベン・チャップリン)に助けられたホールは、道を示してほしいとポーに懇願する。翌朝、図書館に向かい新聞記事をあたっているうちに、実際にチカリング・ホテルで12人の子どもたちが殺されていたことを知る。保安官とともに執筆に取りかかることにしたホールは、睡眠薬で再び夢の世界へと入る。夢に現れたポーは、子どもたちを世話していた牧師が、子どもたちが吸血鬼になるくらいならと次々と喉を掻き切っていったこと、一人逃げた少女は湖の対岸にいる若者グループのリーダー・フラミンゴに助けられたことを話す。目覚めたホールは、エージェントから次回作を催促する電話を受ける。なかなか筆が進まないことに苛立ったボビーは、胸に杭を打たれた少女は誰に殺されたのか探るため、降霊板を使い霊界と交信することを提案。Bの文字で装置が止まるのを見たボビーは、唐突にフラミンゴが犯人だと叫ぶ。急いでフラミンゴのところへ向かった二人は、彼から一人の少女が数日前から行方不明になっていることを知らされる。ある確信のもと呪われた時計台に向かったホールは、杭に突き刺された死体を見つける。泣く彼女を見てうろたえたホールは、時計台の階段を転がり落ち気絶する。そして、V.の正体、二つの事件の真相、さらにホール自身の問題が浮かび上がってくる……。








Virginia/ヴァージニア - goo 映画
Virginia/ヴァージニア - goo 映画






(c)株式会社アトリエ凛





posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 11:37| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。