2014年02月18日

キック・アス ジャスティス・フォーエバー◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)です!

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』です!

アメコミ好きの青年と、復讐のために父親から戦闘技術を叩き込まれた少女が、覆面を身につけ、犯罪組織に立ち向かう姿を描き話題を呼んだ、コミカルなヒーロー・アクションの続編。前作同様、アーロン・テイラー=ジョンソンとクロエ・グレース・モレッツが覆面ヒーローに扮し、悪党たちと激しいバトルを繰り広げる。


監督     ジェフ・ワドロウ

出演     アーロン・テイラー=ジョンソン
        クリストファー・ミンツ=プラッセ
        クロエ・グレース・モレッツ



『あらすじ』 

デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はキック・アスというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡な学園生活を送っていた。しかし、卒業を間近に控え、将来の夢を見つけることができずにいた彼は、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、街の平和を守ろうと決意する。そんな中、キック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会ったデイヴは、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。だが、キック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、レッド・ミストがマザー・ファッカー(クリストファー・ミンツ=プラッセ)と名を改め、悪党軍団を引き連れて姿を現す。目の前の悪は見逃せない、とさらなる鍛錬を積み、新たな正義を誓うキック・アス。一方、ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)は普通の女の子として生きていくため、ヒット・ガールを封印していた……。


(c)株式会社アトリエ凛





posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 13:31| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。