2014年02月17日

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)です!

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・

『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』です!

よゐこの有野が家庭用テレビゲームのクリアを目指し、奮闘する姿が多くの視聴者の共感を呼び、人気を博したCS番組「ゲームセンターCX」。その放送開始10周年を記念して製作された劇場用映画。有野課長が初めてお客さんの前での攻略に挑んだ「マイティボンジャック」のプレイ模様と、ゲームを愛する少年の物語が描かれる。


監督     蔵方政俊

出演     有野晋哉
        吉井一肇
        平祐奈


『あらすじ』 

1986年。ゲームを愛する少年・ダイスケ(吉井一肇)は、クラスメイトのクミコ(平祐奈)に恋心を抱いているが、なかなか前に踏み出せないでいた。そんなある日、ダイスケはクミコに近づくきっかけ作りのため、不良たちに借りパクされたゲームソフト『マイティボンジャック』を取り戻すべく不良たちに立ち向かっていく……。遥かなる時を越えた2006年。『ゲームセンターCX』ファンで埋め尽くされた大ホールで、有野課長(有野晋哉)は、激ムズの難易度で知られるゲームソフト『マイティボンジャック』のクリアを目指して悪戦苦闘していた。奇跡のプレイを連発するも、挑戦終了のタイムリミットは刻一刻と迫っている。果たして有野課長はエンディングを見ることができるのか、そしてダイスケの恋の行方は……。



(c)株式会社アトリエ凛






posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 18:22| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

ラッシュ プライドと友情◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)です!

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・

『ラッシュ プライドと友情』です!

日本でも絶大な人気を誇るモータースポーツの最高峰、F1。その1976年シーズンの壮絶なチャンピオン争いに迫るヒューマンドラマ。事故で大やけどを負いながらもシーズン中に復帰したニキ・ラウダと彼の不在時に強さを見せたジェームス・ハント。性格もドライビングスタイルも正反対な2人の戦いを臨場感あふれるレースシーンとともに描く。


監督     ロン・ハワード

出演     クリス・ヘムズワース
        ダニエル・ブリュール
        オリビア・ワイルド



『あらすじ』 

フェラーリに乗る沈着冷静で隙のないレース運びをするニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)と、マクラーレンに乗る奔放な性格ながら誰からも愛される天才型のジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)は、正反対の性格と走り方のため、常に比較され、衝突することもあった。1976年、前年チャンピオンのラウダはトップを疾走していたが、ドイツ・ニュルブルクのレース中にコントロールを失い壮絶な事故を起こす。大怪我を負ったラウダは生死の境をさまよい再起不能かと思われたが、6週間後、まだ傷が治っていないものの彼は復帰。そして迎えたシリーズ最終決戦の日本・富士スピードウェイ。ラウダとハントは互いにライバル以上のつながりを感じながらレースに臨む……。



(c)株式会社アトリエ凛






posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 18:18| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

スノーピアサー◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)です!

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・

『スノーピアサー』です!

フランス人漫画家、ジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを、『殺人の追憶』の韓国の鬼才ポン・ジュノ監督が映画化したSFアクション。地球温暖化を止めるための実験が失敗し、氷河期を迎えた近未来の地球を舞台に、唯一、人類が生存できる列車“スノーピアサー”の中で繰り広げられる出来事が描かれる。

監督     ポン・ジュノ

出演     クリス・エヴァンス
        ソン・ガンホ
        ティルダ・スウィントン


『あらすじ』 

地球温暖化がますます深刻になっていき、2014年7月1日、気温を最適なレベルに保つために79カ国により人工冷却物質CW-7が散布された。しかしこれが仇となり、雪と氷が地球を覆い氷河期へ突入した。永久不滅のエンジンを搭載し1年かけ地球一周する列車スノーピアサーに全てが凍る前に乗り込んでいた者以外は死に絶えてしまった。それから17年後の2031年、人類唯一の生存場所であるスノーピアサーは、無賃車両の最後尾車両は貧困層の人々が押し込められ、皆食料を満足に得ることができず飢えていた。その一方で富裕層の人々がいる豪華な前方車両では、氷河期になる前と変わらない暮らしが続いていた。そしてスノーピアサーを開発したウィルフォード産業のウィルフォード(エド・ハリス)が絶対的権力を握っていた。最後尾車両にいるカーティス(クリス・エヴァンス)はエドガー(ジェイミー・ベル)ら仲間とともに、悲惨な現状を変えるために革命を目論み、ウィルフォードのいる先頭車両を目指す……。




(c)株式会社アトリエ凛






posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 15:45| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。