2014年01月21日

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)です!

株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、気になる映画を紹介しますグッド(上向き矢印)

アクションだったりラブストーリーだったり、
時にはアニメだったりるんるん


株式会社アトリエ凜株式会社アトリエ凛)のスタッフが、
日替わりで今1番気になる映画を選んで更新しま〜す揺れるハート


今日の映画は・・・・・

『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』です!

第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞に輝いた司城志朗の同名小説を、西島秀俊主演で映画化したサスペンス・アクション。何者かによって記憶を上書きされ、日本人として暮らしていた韓国人の天才科学者が、自らに降りかかった出来事の真相に迫っていく姿を描く。監督は『美しき野獣』の韓国の俊英、キム・ソンス。



監督     キム・ソンス

出演     西島秀俊
        キム・ヒョジン
        真木よう子



『あらすじ』 

ごく普通の会社員、石神武人(西島秀俊)はある日、自宅で殺害されている妻(中村ゆり)を発見する。呆然としているところに突然鳴り響いた電話に出ると、受話器の向こうから聞こえてきたのは、傍らで冷たくなっている妻の声だった……。この日を境に、彼には別の記憶が混在するようになる。そして辿り着いたのは、本当の彼が日本人の会社員ではなく、韓国人科学者オ・ジヌだという真実だった。彼の記憶は“上書き”されていたのだ。そしてなぜか、警察を騙る男たちが彼を捕えようと追ってくる。その追跡をかわしながら、正体不明の女性記者カン・ジウォン(キム・ヒョジン)とともに真実を追ううちに、妻を装う女(真木よう子)と出会う。誰が何のために記憶を奪ったのか?なぜ追われているのか?すべての記憶が消えるまであと5日。最後に待ち受けるのは、衝撃の真実……。



(c)株式会社アトリエ凛







posted by アトリエ凜(アトリエ凛) at 14:12| 〔アトリエ凜(アトリエ凛)〕邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。